設計を極める

須賀伸一郎
前職は、アミューズメント機器の板金部品や樹脂成形品などの設計だった。
しかし、機械系の設計技術者として、よりハードでやりがいの感じられる仕事に挑戦したいと考え、2007年、アポロ技研に入社した。入社後1年間は、製造部門で装置の組立や調整を担当して、細かい動きをともなうメカトロニクス技術の基礎をからだで体得。現在は機構設計を中心として開発業務を広く担当している。

1年目、現物を見て、さわって、動かして実地で勉強

須賀伸一郎

入社前の横塚社長との面接で、社長から品質へのこだわりや技術者としてのスピリットなどをじっくりとお聞きすることができ、こんなトップがいる会社でぜひ仕事がしたい、と感動したことをいまでもはっきりと覚えています。
それまで私は、設計をやっていたといっても、アミューズメント機器のパーツの図面を引くくらいで、動きをともなう機械の設計はまったく経験がありませんでした。そこで私は、1年目は機械の組立や調整などをやりながら、メカトロニクス技術を1から勉強したいとお願いしたのです。
たとえば、ステッピングモータやサーボモータという用語は知っていましたが、それがどう動いてどんな機能を果たすのかなど、現物を見て、さわって、動かしてみて、はじめて知ることができました。こんな体験を積んでいくうちに、自分が設計するとしたらこういうところに気をつけないといけないのだな、といったことがだんだんわかってきたのです。

須賀伸一郎

新規開発品の構想から最終調整まで任せられる

2年目に入り、機構設計の「修行」をはじめて半年くらいたったころです。ある電子デバイスメーカーから、それまでとはまったく違った方式でフェライトコアに巻き線をする装置を開発してほしいというオファーがあり、その構想段階から一人でやってみろ、と社長からいわれました。
その装置は、お客さまが試作品をつくるためのもので、いろいろな巻き方をトライ&エラーで試せるようにしたいのだが、これが実現できるものであれば、機械の動きなどは問わないとのことでした。私はまず、実際のフェライトコアの10倍の模型をつくり、そこにいろいろな方法で針金を巻きつけながら、装置全体の構想を練っていきました。
こうして構想や設計に半年以上、最終的な組立・調整も私が主に担当して同じくらいの時間をかけ、ようやく納品の運びとなったのです。この案件でアポロ技研の仕事の流れを一通り体験することができ、私にとっては貴重な財産となったことはいうまでもありません。

機構設計者として幅広い分野をカバーし、キャリアを積む

須賀伸一郎

私が最初に手がけた案件でもお分かりのように、アポロ技研の装置開発のファーストランナーが機構設計者です。まずは装置全体の構想を練りますが、そのアイデアもたった一つではNGで、これでもか、これでもかと知恵を絞って出せるだけのアイデアを出し、そのなかからベストに近いものをチョイするのが、アポロ技研の開発の流儀となっています。
構想が固まったら具体的な機構の設計に入ります。その際、機械にどんな動きをさせ、それを実現するためにどんなセンサやアクチュエータを使うのかなどを考えるのも、私たちの仕事となっており、これらを盛り込んだ図面をもとに、制御や電気回路を担当する人たちと打ち合わせを行っていくわけです。
このように機構設計者は幅広い分野をカバーすることが求められ、それだけいろいろな知識を習得していかなければなりません。大変ですが、そこがこの仕事のやりがいともなっているのです。

須賀伸一郎

超音波という新しい技術分野の開拓も担当する

超音波というのは、人間の耳には聞こえない高い音響振動のことで、魚群探知機や診断装置、洗浄機などに昔から応用されています。また、この振動エネルギーを使って物を切ったり、溶接したりすることもできます。
 アポロ技研では、あるメーカーと共同で超音波を応用した装置を開発中ですが、私はアポロ技研側の担当として基礎研究的な活動も行いながら、超音波に関する知見を蓄積しているところです。
実は私は、わけあって中退したのですが、ある大学の理学部で物理学を専攻していました。超音波といえばまさに物理学の守備範囲で、そんなところから私にこの仕事が回ってきたのかもしれません。たとえば、アポロ技研の既存の巻線機でも、コアとコイルを溶接する部分に応用可能ですし、これを使ってエレクトロニクス関連以外のまったく新しい市場に向けた製品を開発できるかもしれません。こんなところでも、私の力がこれから生かせたらうれしいと思っています。